2014年04月07日

機械式腕時計の維持費

理解できない人からしたら、全く分かってもらえない機械式腕時計。

最近はアベノミクス効果もあってか、高級腕時計が売れているってニュースも目にします。

この春の時期なら、新卒の新入社員の中には初任給で購入を考えている方や
ボーナスを貰ったら1本持っておこうと考えている方もいるのではないでしょうか。

機械式腕時計は一生物って言われることもありますけど、
やはりパフォーマンスを維持するためには定期メンテナンスは必要です。

クォーツであれば、電池の交換が必要ですが、
機械式の場合、最初は3〜4年。
それ以降は5〜6年に1度のオーバーホールが必要です。

もちろん、全く正常に動くならもう少しサイクルが長くても良いかもしれませんが、
しかし、新品購入後の最初のオーバーホールは大切と言われています。

費用の目安は、時間を刻むだけの最もシンプルなもので1万くらいから
デイト表示やGMT機能が備わっていると2〜3万くらい
クロノグラフなどの複雑なものであれば、4〜5万くらいでしょうか。

オーバーホールしないと壊れるのかというと、それは時計によりますが、
やはりオイル切れを起こしてくるので、時間が狂いやすくなったりガタが出やすくなってしまいます。

因みに、腕時計自体の購入価格はメーカーによってピンきりですが
オーバーホール代は、差ほど変わらないようです。



posted by クロノグラフ at 22:59| 腕時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

目標達成のご褒美に

今年、残すところわずか1ヶ月ほどとなりましたが、
来年春に向けて、目標設定と達成した時の自分へのご褒美に
腕時計をネットサーフィンで物色。

クロノグラフ好きで、ここ数年の傾向として割とビッグサイズの
腕時計ということで、決めました^^

ちょっとね、一目惚れに近いんですけど、コレ

タグホイヤーのカレラ タキメーター デイデイト

これを目標に来年春に向けて頑張ろうと思います。


目標設定には、期日とそれに向けての逆算が大切。


楽しく達成できるように頑張ります!
posted by クロノグラフ at 15:20| 腕時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

日常生活防水と気圧とメートル表記について

日常生活防水は、日常生活において汗や湿気などから腕時計を保護する機能なので、基本的に水仕事や顔を洗ったり、手を洗ったりする際は外したほうが良いです。念のため。

また、10気圧や20気圧防水と

100mや200m防水も一見同じように感じるけど違うらしい

10気圧防水はそれだけの圧力に耐えられるということ

100m防水は、100m潜っても大丈夫ということだそうです。


このことからすると、100m防水より10気圧防水のほうが弱いと言うことがわかります。

例えば、10気圧防水の腕時計をしてプールに飛び込んだら
その衝撃は、10気圧を超えているかも知れませんよね。

ただ、そうなるとダイバーズウオッチ以外の防水機能ってちょっと曖昧な気もするけど、


あと勿論、腕時計が古くなると内部のパッキンなども劣化してくるはずなので、
防水機能も表記どおりのパフォーマンスを維持しているかどうかは疑問です。

基本的には、水につけなくて済むなら水につけないほうが良いということでしょう。

posted by クロノグラフ at 16:15| 腕時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。